横山建設 BCP 事業継続計画

社員の安全を守り、社会の復旧活動に貢献する

自然災害やテロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続、早期復旧を可能とするために平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段等を取り決めております。
横山建設では経済産業省中小企業庁「中小企業BCP策定運用指針」に基づいてBCPを取り決めております。

BCP(事業継続計画)とは

事業継続けいかくについてここから

BCP(Business Continuity Plan)とは、企業が自然災害やインフルエンザ大流行などの緊急事態に備えて、企業にとって中核となる事業の復旧、あるいは早期復旧を可能にするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画です。

企業にとって不足な自体が起こった時

事業を継続する

重要な資産(特に人名)を守る

BCP(事業継続計画)

  • ・不測な事態

    発生確率は低いが、発生した際の影響が大きいもの。地震、洪水、台風など

  • ・資産

    企業経営や組織の運営に必要なすべての資産のこと。従業員、財産、設備・装置、情報、技術、土地・建物など

  • ・事業

    製品及びサービスを提供する一連の活動

  • ・継続

    事業を支える重要な業務を速やかに継続・復旧すること

事業継続けいかくについてここまで

横山建設の事業継続計画(Business Continuity Plan)

横山建設の事業継続計画(Business Continuity Plan)についてここから

BCP 対象事業 建物修繕サービス
対象リスク 東京湾北部地震
BCPの概要
  • 従業員の安否確認、災害協定への対応のための要員確保、施工中現場での埋戻し等の養生・保安業務を発災直後の優先業務とした。
  • 移動用の社用車をPC や携帯電話の充電用電源とするため常時ガソリンを満タンにする。
  • 社員の出社困難時は協力会社グループによる業務支援を受けることとし、そのための連絡網とマニュアルを整備する。
  • 拠点や機材の使用不能やデータ破損等についても代替手段を整理し、組織力の強化を図る。
  • 属人的になりがちな施工現場の立ち会い業務については従来から複数名のチーム編成で対応するとともに、有資格者を育成及び増員し、代行の容易化を図る。
対策のポイント
  • 事務所内書類棚の固定、機材基地の5S 励行、防災マニュアル整備と訓練の実施、協力会社グループとの連携による業務支援、バックアップデータを用いた業務遂行、出社困難者に代わる他の有資格者による業務の遂行

横山建設の事業継続計画(Business Continuity Plan)についてここまで


このページのトップへ