助成金・補助金情報

大田区の助成金・補助金のご紹介

大田区の助成金・補助金一覧

大田区の助成金・補助金一覧ここまで

それぞれの助成金・補助金には条件や期間、受給の上限が定められております。詳しくはお手軽にお問合せ下さいませ。

耐震診断・耐震補強工事の助成(木造)

概要

住宅とは、一戸建て住宅、長屋及び共同住宅(マンションを除く)をいいます。店舗、工場等を併用する場合は、延べ面積の過半が住宅であるものに限ります。住宅が過半でない場合は、その他の建築物となります。

助成内容

区分所有建築物については、区分所有者の中から選ばれた代表者。
共有建築物については、共有者の中から選ばれた代表者。
ただし、次のいずれかに該当するものは、助成を受けることができません。
(1) 住民税を滞納している方
(2) 法人住民税を滞納している法人
(3) 会社のうち中小企業基本法に規定する中小企業に該当しない法人
(会社に該当しない法人はそれに準ずる)
(4) 売買を目的に所有する不動産業者
(5) 上記に掲げる方のほか、区長が不適当と認める方

大田区内にある昭和56年5月31日以前に新築の
工事着手した木造2階建て以下の住宅

参考URL

http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/sumai/taishin/mokudou_hunenka.html

それぞれの助成金・補助金には条件や期間、受給の上限が定められております。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせ

助成金・補助金内容ここまで

住宅リフォーム助成 (平成26年度)

概要

自己の居住する住宅のリフォームを区内中小事業者に発注し、バリアフリー、環境への配慮、防犯、防災対策の工事やそれらを含む一般リフォーム工事を行う場合、工事費用の一部を助成します。

助成内容

(1)他の区の助成制度と併願しない場合(工事費用の10パーセント、上限20万円)
(2)他の区の助成制度と併願する場合(工事費用の5パーセント、上限10万円)
(3)吹付アスベスト除去工事(工事費用の10パーセント、上限30万円)
(1,000円未満は切り捨てます)

予定件数

400件(助成総額4,000万円)

注意事項

・助成総額に達した場合は受付を締め切らせていただきます。
・必ず住宅課で仮申請(事前相談)を受けてください。

参考URL

http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/sumai/j_josei/jyutaku_reform_jyosei.html

それぞれの助成金・補助金には条件や期間、受給の上限が定められております。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせ

助成金・補助金内容ここまで

高齢者住宅改修費助成(非該当の方)

概要

高齢者の居住する住宅の改修に要する費用を助成し、生活の質の向上、介護者の負担軽減を図ります。
助成対象限度額の範囲内で助成します。

対象者

65歳以上の高齢者で、要介護、経過的要介護、要支援と認定された方で在宅生活を続ける上で住宅の改修が必要と認められる方。

助成内容

・手すりの取り付け、段差の解消、滑りの防止、移動の円滑化のための床又は通路面の材料の変更、
引き戸等への扉の取り替え、洋式便器等への便器の取り替え、その他これらの工事に付帯して必要な工事
(介護保険のサービスと同様の工事)
・助成対象限度額合計で200,000円
・自己負担は1割です。(生活保護受給者は除く)

備考

65歳以上の高齢者で、介護保険で非該当(自立)とされた方で在宅生活を続ける上で住宅の改修が必要と認められる方。
食事、着替、入浴、排泄、移動について全て自立し健常な方は助成対象から除きます

参考URL

http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/fukushi/kourei/sumai/kaishuhi.html

それぞれの助成金・補助金には条件や期間、受給の上限が定められております。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせ

助成金・補助金内容ここまで

高齢者住宅改修費助成(要介護・要支援に認定された方)

概要

高齢者の居住する住宅の改修に要する費用を助成し、生活の質の向上、介護者の負担軽減を図ります。
助成種目別に定めた助成対象限度額の範囲内で助成します。

対象者

65歳以上の高齢者で、要介護、経過的要介護、要支援と認定された方で在宅生活を続ける上で住宅の改修が必要と認められる方。

助成内容

・浴槽の取替え及びこれに付帯して必要な給湯設備等の工事 助成対象限度額 379,000円
・流し、洗面台の取替え及びこれに付帯して必要な給湯設備等の工事 助成対象限度額 156,000円
・便器の洋式化及びこれに付帯して必要な工事 助成対象限度額 106,000円

備考

浴槽の取替え、便器の洋式化については、介護保険の支給限度額により実施できない方が対象となります。
自己負担は1割です。(生活保護受給者は除く)
必ず事前にご相談ください。工事計画書、工事見積書、改修箇所の写真、図面等が必要になります。

参考URL

http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/fukushi/kourei/sumai/jyutakukaishu.html

test

それぞれの助成金・補助金には条件や期間、受給の上限が定められております。
詳しくはお気軽にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせ

助成金・補助金内容ここまで
お電話でのお問い合わせ03-3735-0131 受付時間:8:00~19:00 定休日 日曜・祝日 メールでのお問い合わせyokoyama@yonoji.co.jp お問い合わせフォームへ

このページのトップへ